So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

シン・ゴジラ [映画]

 記憶が間違っていなければ生まれて初めて見た映画は「メカゴジラの逆襲」で、確か「アルプスの少女ハイジ」と同時上映だったと思う。感想は「メカゴジラかっこええ~」

 だからと言って特撮映画にハマっていろいろと見るということもなく、テレビで放映されて時間が合えば見る程度。例外は平成ガメラシリーズで、これは職場でロケが行われていたのが大きな理由。この3本を含めても怪獣映画は全部で10本も見ていない。

 怪獣映画は基本「キャラクター映画」なのでゴジラというキャラが好きな人でも映画自体のストーリーには無頓着な印象がある。私が子供の頃にテレビでゴジラを見ていた時には戦車・戦闘機がお目当てで、そもそも怪獣って存在が非現実的で半分無視していた位だからゴジラ自体にはそれほど思い入れもなく、「なんとか対ゴジラ」とか所詮子供を騙そうとして騙しきれなかった駄映画だろう?という先入観が強い。

 ところで、「身近な場所でロケ」ってのは曲者で、折角だから見に行ってみようなんて思うと「ベスト・ガイ」という主演俳優のフィルモグラフィーからも消し去られてしまうような超駄作(あえて言うが糞映画)に1800円払ってしまうハメになったり、「空飛ぶ広報室」のような作品が只で見られたりする。

身近な場所でロケというか身近な場所が舞台という面ではこのシン・ゴジラほど身近な映画は無い。

 朝、高架橋を走る通勤電車の窓から街を見下ろしながら思うことがある。明かりのついた窓、消えている窓、それぞれの中に家族のために働きに出ようとしている父親や、朝食を用意している母親や、まだ夢の中の子どもたちが居るのだろう。この街が灰燼に帰するような事になってはいけない。この人達のために頑張ろう。

 そんな「子供騙しだろう」とか「頑張ろう」という思いを文字通り蹂躙してくれるのがこの映画。

 いつも見ている街が容赦なく灰燼に帰していく様が圧倒的な説得力の映像で表現される。

 よく怪獣映画で街が壊されているのを見て破壊の爽快感を覚える人がいて、そんな楽しみ方も否定はしないけど、私はどうしても「あの倒れていくビルの中に一体どれくらいの人がいるんだろう」と、考えてしまう。お願いだからやめてくれ。

 人の心を動かすという意味では間違いなく成功作

 映画全体の状況が311の暗喩になっているので東京以外の人にも、特に東北の人に物凄く響く映画ではないだろうか。

 政府や自衛隊に否定的な人には批判されているようだけど、映画自体の出来が悪ければここまで賛否が喧々囂々になることもないだろう。

 しかし、石原さとみが居なければ完璧だったのではないかと思わないでもない。海外公開の際には吹き替えを希望。


  映画の中でゴジラに対応するために自衛隊を動かす法的根拠について延々と論議するシーンが有り、結論が防衛出動になったことに対して石破元防衛大臣や枝野元官房長官が疑問を呈している。これに対して「映画の中の無能な政治家そのまま」との批判があるが、これはちょっと次元が違って、「怪獣に対処するための法規についてはすでに内部研究が終了しているのであの状況で論議になることはありえないし、出された結論が防衛出動ってのはもっとおかしい。」という話。

おそらく「武力の行使」と「武器の使用」を混同していて、「武器の使用」は防衛出動がかからないと実行できないと誤解していることから出た誤りだと思う。必要最低限であれば谷川岳の崖から宙吊りになった登山者の遺体回収のためにザイルを狙撃したり、火災を起こしたLPGタンカーを魚雷やロケットで撃沈処分したりと「武器の使用」は防衛出動以外でも可能。今回は相手がゴジラなので必要最低限が実質無制限となっただけの事。 


豚も歩けばその気になって棒に当たる [日記]

先週末の出来事

仕事帰りの電車内で立っていたら目の前の席で寝ていた男が隣の男性に寄り掛かり、押し返されたのが気に食わなかったらしくいきなり男性に肘打ち。言い合いが始まってこのままエスカレートすると第2ラウンドに突入しそうだったので「お前、止めないと通報するぞ」と、警告。言い合いは止まったけど今度は「そっちが最初に押し返してきたんだ」等々言い訳が止まらないので「そもそも寄りかかったのはお前が先だし、どんな状況でも初めに手を出した時点で法律的に負けだから。大体そんなこと一言お互いに謝れば済むだろう。余計なことするな」と、大意そのようなことを言ったら大人しくなった。
40も過ぎて茶髪にしている色々残念そうな男だったが、こんなのが同じ路線沿いに住んでいると思うとちょっと嫌。

週明けの出来事

この春から親父が病気で、今度入院しなければならなくなったらもう家には帰れないかも。治るってことはないので症状が進まないように管理しながらなんとか元気な期間を伸ばす方針で通院中。

そんな状況下、退勤しようと着替えていたらロッカーに置きっぱなしだった携帯に普段かかってこない親父の携帯から大量の不在着信。
これは倒れたか?と、慌てて電話したら至って元気な声で親父が電話に出た。

「いや、お母さんがお前から電話があったって言うんだけど・・・」

母ちゃん、それオレやない。振り込め詐欺や・・・

いま人が来ているから後で電話すると言って切ったから騙されるってことはなかったんだけど、もしかしたら夏休みに孫達が遊びに来る予定を伝えたかったのでは?と、勝手に期待してこちらに電話をかけまくったらしい。

なるべく帰るようにするよ。

今年の矢島カップは不参加にして帰省する予定。

それにしても犯罪行為に頻繁に出くわすなぁ・・・気をつけよう。

 


微調整 [自転車・機材]

サドルを前に1.5㎝移動しハンドルをコラムスペーサー1枚分(5mm)下げてみた。幾分改善されたような気がするけどホントのところはそれなりの距離を走ってみないと判らない。
 
1467029404426.jpg
 
体の柔軟性も相当落ちているんだろうなぁ…

Gravityの神様 [自転車レース]

3年振り、と思っていたツール・ド・美ヶ原に2年ぶりに参加。
ここ数年はなんとなく意欲が湧かなかったりで松本市から足が遠のき、乗鞍に至っては3年連続DNSだったりするのですが、今年はやる気だけはなんとか出せた(練習不足で腹も出た)ので自転車クルマに積んでやって来ました。

宿が他の宿泊客が歩く度にグラグラ揺れて怖かったけど疲れていたので8時半には就寝(でも二度と泊まらない)翌4時半起床

レースに出始めの頃は色々と神経質に準備万端整えていたりしたけど、最近は近所のサイクリングに出かけるのと同じくらいの気の使い方で、致命的とは言わないまでも色々と抜けが有ったりします。

今回のど失敗は「一度も峠に登ったことのないバイクを持ってきた」ってことでした。
伊右衛門君ことEmondaSL
1466949843489.jpg

こうしてみるとセットバックしたシートマストキャップに後ろ寄りに取り付けたサドル。その他にも色々とやらかしてます。

続きを読む


休息日 [自転車]

2年ぶりの奥多摩から帰った週明け。一日自転車をお休みして火曜日に通勤で自転車に乗ったら笑っちゃうくらい脚が軽かった。やっぱり筋肉に刺激を与えるのは重要ですね。

水曜はまたちょっと疲れが出た感じだったので一勤一休がいいペースのようです。

という訳で今日は夕方雨だし電車で通勤。

1466084392263 (1).jpg
 
常夜灯の代わりに玄関にアロマキャンドルなんてものを点けてみました。雰囲気は良いんですが全然香りがしないぞ?こんなものなの?

2年振りの奥多摩 [自転車]

2年前の秋に原因不明の首から肩にかけての痛みに襲われ、自分の頭を腕で支えながら起き上がるという状態になって以来、ほとんどロードバイクに乗らなくなってしまったのですが、最近どうやら復調して、自転車に対する意欲が湧いてくるように成って来ました。

と言っても昨年からポジション的にほとんどロードバイクと同等なドロハン化クロスバイクで月に1000km前後通勤ライドしているので、体調的にはとっくに大丈夫だったと思うのですが、稼動日にそれだけ乗っていると、かえって休日には乗る気がなくなり、代りに家に篭って何をやっていたかというと。

戦車に乗っていました(VR的に)

12.jpg
World of Tanks

私、子供の頃からでっかい機械とか乗り物が大好きで、それが昂じて職業にしてしまったくらいなのでこういうのは大好きです。

いや、僕は海の人だから・・・と言う人には
wows_social_1.jpg
World of Warship

通称「女の子抜きの艦コレ」
とかもあります


とまぁ、私がやっているのは戦車だけですが、こんなので休日の時間つぶしが出来てしまうと自転車に乗る時間が無くなるわけで・・・オンラインゲームは廃人化率が高いと聞くので気を付けなければいけません。体調も良くなったし、晴れた休日に家にいるのも鬱になりそうだなぁ・・・ということで久しぶり(実に二年ぶり)に自転車で山に出掛けてみることにしました。

 

続きを読む


隣の職場のBlackAngel [自転車]

5月のある日、職場で「いい自転車乗ってますね」と、声を掛けられた。少し話をするとその人もロードバイクに乗っているのだけど、

「サドルが中々合うのがなくて、今ママチャリに付いているようなでっかいサドルに成ってるんですよ」

とのこと。

 サドルを巡る旅というのは自転車地獄の中でもサルガッソーにハマる確率の高い項目で、たしかに中々難しいとは思うのですが、確実な近道は走り込みとそれに伴う減量だと思います。
 
 そもそもなんでサドルが尻に食い込むのかといえば体重が重い上にサドルにベッタリ座り込んでしまっているからなので、常にペダルとハンドルに荷重を拡散出来るようになれば、ある程度フィットするサドルであれば許容出来るようになります。脚力は少々必要になりますが、結果的にお尻は快適な上に速く走れるようになりますから自転車乗りの目指す方向としては正しい。

 なんでこんなことを書いているかというと単純にその人が恰幅の良い体型であったからで、明らかに自転車乗りとしては体重が過剰。「痩せれば大体解決しますよ」と、頭の中では思ったものの、当たり障りなく答えて会話終了。ところが、その人が立ち去ったあと、横で会話を聞いていた人に言われました。

重量オーバーだって言っちゃえばよかったんですヨ!」

癒し系アラフォー美人だと思っていたのにいきなりブラックですね。頭の中を読まれたかと思ってビックリしました。太った人が自転車乗りだったって事よりもビックリしましたわ〜。人は見かけによらぬものです。
 CIMG1733.jpg
私の今のところの終着点
「地獄」 
縁起でもない… 

春の幻 [自転車]

 
 3月下旬のある日、仕事帰りに自転車で歩道走行中の女子高生二人を車道側から追い越したら、
「あ!この人かっこいい!!」
という全く思いもかけない言葉をかけられた(多分生まれて初めて)

一応身長はシュレク兄弟と同じだし(但し体重が20kg程重い)冬用ジャージにレーシングタイツという出で立ちだったので体型も誤魔化せて、サマになっているように見えたのだろう。

それよりなにより、スポーツウェアというのは全体的な雰囲気が若く見られる効果がある。

かくなる上は次の行動はただ一つ

オッサンだとバレる前に逃げる。

何食わぬ顔でペダルに力を込めて引き離した。

乙女の夢を壊してはいけない。君が見た「若いロードバイク乗り」の中身はドロハン化クロスに乗ったアラフィフのおっさんだよ~
IMG_1406.jpg
件のドロハン化クロスバイク
ドロハン付けてるとロードもシクロもピストも
区別つかないってのが普通の人だと思います。 
 
以上、Facebookから引用しました。 

のんびりまったりシーズンイン [日記]

スッカリ季刊ブログに成ってしまいましたが、特に前口上なしに始めます。

世間的にはゴールデンウィーク最終日だった昨日、久しぶり(実に2年振り)に奥多摩湖にでも行こうと装備を整え、玄関からロードバイクを引っ張りだしたらあら不思議、スピード/ケイデンスセンサーが認識されない。ロードバイクに乗るのは5ヶ月ぶりだったりするので、放置している間に電池がなくなったのかなぁ(実はバイク自体も新しくなっちゃっていたりするのですよ)と、電池を変えたけどダメ。コレはセンサー自体が故障かな?と、何故か在庫のあるGARMINのセンサーを取り替えて見たけどコレも駄目。最終的には本体のファームウェアがver3.4(位だったはず)だったのを5.0(位のはず)にアップデートして再ペアリングしたら解決。時刻は既に15時過ぎで、これから奥多摩は行けないな。と、やる気を失ってバイクを下駄箱の上に戻してしまいました。電池とか新しいセンサーとか別に卸さなくても良かったのかな?勿体無い・・・

IMG_1428.jpg

という訳でクライミングバイクとして名高いTREK EmondaSLの峠デビューは見送り

納車半年ですが実はまだ70km位しか乗ってない

続きを読む


自転車はエコであってエコでない。 [自転車・機材]

3ヶ月ぶりの更新です。今更ながら明けましておめでとうございます。年末に少々腰を痛めましたが、今は復活して通勤サイクリストライフを楽しんでいます。

しかし、体が治ったら今度は自転車、というわけではないのでしょうが、リアの変速が不調になってしまいました。しかも一番金のかかるシフター(STIレバー)の不調です。自転車はエコロジーだけどエコノミーじゃないとはよく言われますが、もしかすると電車で通勤するのとあまり変わりないんじゃないかという位のお金が飛んで行く時があります。 

CIMG1763.jpg

この状態からリリースレバー(シフトアップ)を内側に押すと…

CIMG1762.jpg 

ブレーキレバーも一緒に内側に動くようになってしまいました。 

続きを読む


前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。