So-net無料ブログ作成
検索選択

自転車はエコであってエコでない。 [自転車・機材]

3ヶ月ぶりの更新です。今更ながら明けましておめでとうございます。年末に少々腰を痛めましたが、今は復活して通勤サイクリストライフを楽しんでいます。

しかし、体が治ったら今度は自転車、というわけではないのでしょうが、リアの変速が不調になってしまいました。しかも一番金のかかるシフター(STIレバー)の不調です。自転車はエコロジーだけどエコノミーじゃないとはよく言われますが、もしかすると電車で通勤するのとあまり変わりないんじゃないかという位のお金が飛んで行く時があります。 

CIMG1763.jpg

この状態からリリースレバー(シフトアップ)を内側に押すと…

CIMG1762.jpg 

ブレーキレバーも一緒に内側に動くようになってしまいました。 

年明けの冷え込みが厳しい時期に症状が出たので、グリスが固くなってしまったのが原因かな?と思ったのですが、正確な所は判らず。ラスペネをレバーの作動機構内部に吹いたら一時的に良くなりましたが、コレってグリスが溶けて流れるのでホントはよくないんですよね。という訳で一時凌ぎが時間切れで本格的に故障。折角のST5500で無垢のアルミレバーやコンパクトなブラケットがいい感じなんですが、仕方ない、交換です。
CIMG1764.jpg
ブラケットカバーも加水分解でボロボロだし、良い潮時かも…
 
ST3500.jpg 
交換品はこちら
いつの間にか9速に出世していたシマノ・SORA
左右で15000円ちょっと。 
 
CIMG1767.jpg 
デュアルコントロールレバーの交換ってのは面倒くさくて、全てのインナーケーブルを一度引き抜かなければなりません。そして、一度抜いたインナーケーブルは高確率で再使用不可(先がほつれてレバーやアウターに通し難くなる)手間もお金もかかる、個人的には一番嫌な作業。
CIMG1771.jpg
ブラケットだけ取り外して、元のバンドに新し
いレバーを付けてしまえば手間が省けますが…CIMG1772.jpg
ついでなので補助ブレーキレバーを付けました。
通勤用ですからね。
 
ブラケットから補助ブレーキまでのアウター長さを正確に決めるのがちょっと
難しく、上手く行かないとブレーキの感触がおかしくなったり、補助ブレーキ
の戻りが悪くなったりします。 CIMG1774.jpg
その後はシフトケーブルを通すときにSTIレバーの中でシフトケーブルの太鼓
が外れて変な所に挟まって余計な手間が掛かったりしましたがなんとか完成。 
 (この写真、ピントが奥に行っちゃってますね)
 
これでまた往復65kmの通勤ライドに繰り出せます。 
 
CIMG1776.jpg
しかし、梅が咲いた。ということはもうすぐ杉花粉の季節・・・(´・ω・`)ドウシヨ 
 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。