So-net無料ブログ作成

何かじゃなくて全部オカシイ [自転車]

 最近、セブン銀行のCMでロードバイクに乗った人達がセブンイレブンのATMを利用しに来るというシチュエーションのモノが有ります。

これはレーパンでコンビニに入るのはOKという意味に取って良いのでしょうか?

 とか言いつつレーパンコンビニはちょっと恥ずかしい私は、前日に補給食の類を買い込み、背中に全部詰め込んで走っていたりするわけですが、しかし、気になるのは後から出てくる3人目のロード乗り。

板に付いていないという言葉の見本
スクリーンショット(2010-03-29 22.44.00).png
こんな姿勢で乗っていたらあっという間に身体が痛くなることウケアイ
よくよく見ると左の男性もちょっと中途半端な格好です
 

 少し落ち着いてきたとは言え、やはり自転車が流行っていると言うことで要素を取り入れたのでしょうが、一過性のブームに終わらず、自転車が交通システムの一環としてまっとうに社会に認識されることを期待します。


風強いよ自転車乗るのイヤ(?) [自転車]

 実家でトレーニングサボってうたた寝したら喉が痛くなってしまいました。確かに畳の上へ直に寝ていて冷えやすい状況では有りましたが、ちゃんと布団は被っていたし、飲み会の帰りに鍵を忘れて家族が帰ってくるまで玄関先で寝たりするよりはよっぽど良い状況だと思うんですけどね。まあ、痛くなってしまったものは仕方がない。

 

続きを読む


寒いよ自転車乗るのイヤ [日記]

2週連続で神奈川の実家に帰省したのにどちらも「寒いし…」「風強いし…」とトレーニングには行かず。春になったらヤビツに登るつもりだったのにチャンスを見送ってしまいました。通勤だと雨だろうがなんだろうが乗っているんですけどね。

続きを読む


桜が咲けば雨 [日記]

 最近自転車が面白く有りません。冷えるし、脚は回らないし、前は見にくいし・・・まあ、雨だからですけどね。


「今日も自転車ですが何か?」

 ビックリされるのにも慣れました。面白くないと言っても晴れの日程は面白くないってだけで、電車に乗るよりは楽しいのも事実。

 というわけで今日も自転車で出勤。電車通勤の時に使う職場の正門は警備員が見張っているけど、自転車で通る通用門は職場の女の子がIDチェック。今日はスマップの番組にも出たことがあるという美人さんが当番でした。自転車バンザイ!


同類 [動物]

部屋を暗くすると俄然元気が出るハム助。やっぱり夜行性動物だったんですね・・・

しばらく観察していたら、どうも身に覚えのある行動を取っていることに気がつきました。

ハム助:餌を頬袋に貯める→回りグルマに乗る→気が向いたら食べる

 私 :補給食を背中のポッケに入れる→自転車に乗る→気が向いたら食べる

もはや他人とは思えません・・・


湘南バイシクルフェスタ [自転車]

湘南バイシクルフェスタに行ってきました。

父の喜寿のお祝いに家族が平塚の実家に集まって、子供達がおもちゃ屋さんに行きたいと言い出して、ショッピングモールのそばに会場があったからという、ついでのついでという話ではありますが・・・

CA3B0337.jpg
べ、別にあんたに会いに来たわけじゃないんだからね!(ワクワク)

続きを読む


緊急整備 [自転車]

 夜中に救出作業をしたときには気がつかなかったのですが、朝起きてみたら妻用のなんちゃってクロスバイクのリアフェンダーが割れていました。
CA3B0332.jpg

続きを読む


”ハム”ストレングス [日記]

 現在日曜未明。物凄い風が吹いております(埼玉南部)外で何か割れた音がしたので気になって一階に降りてくると、ハムが一心不乱に回し車でトレーニングの最中。こりゃ20km走るってのもあながち大げさじゃないな・・・エサ箱(補給食?)はもう空っぽだし、ハムスターって凄くエネルギーを燃やしている生き物なんじゃないのだろうか?

負けられん

 庭の方は自転車が倒れていましたが、鉢植えは無事でした。割れたのはどうやら他の家のものだったようです。

 

続きを読む


ローラーの鬼がやってきた! [日記]

我が家に「よく食べ、よく飲み、よく回す」奴がやってきました。

 スクリーンショット(2010-03-20 21.43.jpg

笑っちゃうほどよく脚が回る!
 
 
スクリーンショット(2010-03-20 21.53.jpg
正面顔の間抜けさがチャームポイント
 
ハムスターは1日20km以上走るそうです。
体の大きさからすればグランツール並なのでは?
 
負けられん

子供と大人で違う言葉の意味 [自転車]

子供の頃、「疲れる」と言えば「息が切れる」と同じ意味でした。
 →無酸素運動レベル(2-3分ハアハアしていれば回復)

若い頃の「疲れ」は、「今日はこれぐらいが限界」と、身体との対話で決まるものでした。
 →グリコーゲン消費レベル(食って一晩寝れば回復)

押しも押されぬ中年となった今「疲れ」と言えば関節の痛み、筋肉の張り等、ゆっくり温泉にでも行かないと癒せないモノとなっております
 →人生黄昏レベル(もはやスポーツ障害な領域)

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。