So-net無料ブログ作成
検索選択

限界ギリギリ

雨の落ちてきそうな雲行きの中、急いで帰宅。

CA3B0409.jpg
綺麗な夕日の南側から怪しい雲
 
 クロスバイクのタイヤがそろそろ限界だなと思っていたらスローパンク。空気を入れ直しながら帰宅。4000kmノートラブルで走ってくれましたが、最後に音を上げてしまったようです。もうちょっと限界を見極めるのを早めにした方が良さそうです。

 


ノリクライマー集まれ! [自転車]

 乗鞍の抽選結果が発表されて、いつもブログを見させて頂いている皆さんも続々出場する様子。シリーズ戦エントリーの身としては単発組には負けられん・・・って、惨敗するんでしょうが・・・。畳平で待つ!いや、待ってて下さい!

 問題は宿が見つからないと言うことです。キャンセルを待つ!

続きを読む


自転車は電車より… [自転車]

ども、「西武国分寺線より速い男」kinottyです。

 それは冗談ですが、瞬間最大の速度はともかく、現在の通勤は所要時間ベースで考えると電車とバスで1時間35分かかるところを自転車で50分弱な訳ですから「電車より速い」と言っても過言では有りません。それもこれも鉄道網が周辺都市から東京に向かう一極集中な線路しか無いからで、唯一の外側環状線である武蔵野線は乗り換えが非常に面倒です。

続きを読む


生きていたジンクス [自転車]

 あっちから抜けこっちから抜けしていたチューブレスタイヤのエアですが、今朝出勤前に作業し直してやっと納得の行くフィッティングになりました。多分これで大丈夫!と、すぐにでもレースに出られそうなカッコで出勤
スクリーンショット(2009-09-15 11.24.jpg
というかレースの時と同じカッコでした
 
 やはりロードに乗るときはそれなりの格好の方が快適です。

続きを読む


いよいよ本生産 [自転車]

 WAVEONEからジャージの先行プリントサンプルが届きました。
CIMG0043.jpg
とりあえず並べてみた
 
 実際に見てみるとそれぞれのデザイン要素が小さめだったかな?と、思いました。なんか余白部分が多めな感じでしょうか?縫製するとまた印象が違うかもしれません。青い部分は写真よりかなり濃いめです。
 
オラ、なんだかワクワクしてきたぞ。

続きを読む


古き良き時代 [自転車レース]

新城幸也がジロ・デ・イタリアの第5ステージで素晴らしい走りを見せましたね。いやぁ凄い。実況解説の壊れっぷりも見事(笑) 色々と見ていたら動画サイトでジロの昔の画像を見つけました。

【ニコニコ動画】ロードレースの他のスポーツと違うところ

特に5分27秒からがお勧め。何やってんのアンタたち?


踏めない豚 [日記]

 数日来苦しんできた微熱は収まって、普通に動けるようになりました。しかし、微熱はなまじ動けるだけに却って辛かったような気がします。通勤は自転車でしたし。

 代わって今度は喉枯れが本格化。なんだか渋い声になってしまいました

「踏めない豚は唯の豚だ」

 森山周一郎です。

「男なら負けると分かっていても戦わなければならない時がある」

「またつまらぬ道を走ってしまった」

 うーん、井上真樹夫は無理か・・・。


夏風邪は質が悪い [日記]

 初夏になり、レースシーズンもそろそろ始動。いつも読んでいるブログの皆さんも活性化して更新の頻度が上がっています。

 そんな中、私は風邪を引きました。

 春先に雨の中をジテツーしていたときには全然平気だったのに何故?

 自治会の集まりでDNSとなった車坂峠ヒルクライムも、こんな調子では出られなくて却ってよかったかも…

 ロードバイクは車に積みっぱなし。 


自転車駆け込み寺 [自転車]

うちの職場に「新聞紙って便利ですよ、着れるし、寝れるし、焚付けれるし、サイコーです!」というワンゲル出身の女子が居るのですが、彼女はこの連休で伊豆諸島を自転車で巡ってきたそうです。出発前に輪行についてあれこれと質問を受け、バッグを貸し出したのですが、彼女の自転車はキャリアが付いていると言うことで入らず、「ゴミ袋で輪行しました。コンパクトに折り畳めて便利ですよ(以下略)」とのことです。

続きを読む


休んでいるのかいないのか・・・ [自転車]

 連休中は平塚の実家に帰省。特に用事があるというわけではないけど子供の相手でまとまった時間は取れないという生殺し状態なので三日は朝5時起きでヤビツに行ってきました。

 無駄に体力を使わないように、心拍150ちょっとを維持しつつ平塚から1号線で二宮、二宮からは県道71号線(旧道)で名古木まで走行。

 ビードの嵌合をやり直したTOPSECRETは快調。今までのPRO3に比べても転がりは遜色ない感じで、乗り心地が柔らかい。ロードバイクチューブレスはチューブラーより重く、クリンチャーよりパンク対処がし難い等、特性的には一長一短なのでチューブレスが他の二つの形式を駆逐するという事はないでしょうが、数年経てばレース用としてチューブラー、クリンチャーと同列の選択肢となる様な気がします。

 名古木からコンビニまでゆっくり登り、一息ついてから登坂開始。
CA3B0379.jpg
毎回撮り忘れるヤビツ峠の写真 蓑毛のバス停でお茶を濁すの巻

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。