So-net無料ブログ作成
ドラマ ブログトップ

どうしても「六ちゃん先生」に見えます。 [ドラマ]

 今日とうとう最終回を迎えた朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」視聴率も良く、好評なのかと思っていたら先日、「梅ちゃん先生 酷評」という検索ワードがポータルサイトのトップに出ていてちょっとびっくりしました。

 記事を読んでみると確かに言っていることはよく分かる。このドラマ、起きたトラブルは全て登場人物の理解や献身、譲歩で全て二日以内に解決。困難を乗り越えているという感覚に乏しい。特に堀北真希が可愛すぎて医師と育児という激務をこなしているようには全然見えないところが世の主婦層には不評なようです。毎朝、調子はずれな歌を聞かされるのなんかなぁ~。

 しかし、このドラマ実を言うと私は結構好きで、特に演出や演技が気に入っています。梅子を中々認めない大学教授である父の態度を見かねた同僚が「論文に新しい知見があって見るべきものがあります」と、そのページをめくったら、そこには既に父の手に依ってアンダーラインが引かれていたとか、叔父を演じる自転車名人鶴見辰吾さんの胡散臭さが滲み出るような佇まいとか、最初朴訥としていた梅子の夫が、年を経るに従って片岡鶴太郎が演じる父親譲りのべらんめえ調に成って行ったりとか、細かいところで工夫がある。お話の軽さは朝ドラという放送枠に合わせた結果なのだろうと思います。

 リアルであるということはドラマにとって重要なのでしょうが、過酷な救命医療や医療過誤による訴訟問題、高度経済成長に翻弄される町工場経営者の苦悩なんてものを朝から見せられたら、ネネちゃんのリアルおままごとに無理やり付き合わされるまさお君の様な気分になることうけあいです。これぐらいが丁度良かったのだと思います。

 それにしてもあの主題歌。私はテッキリ韓流アイドルが覚えたての日本語で歌っているのかと思いました^^;


天気晴朗なれども波高し [ドラマ]

5日から石川県は加賀市まで行ってきました。親戚回りで自転車に乗る暇などないので自転車は持って行きはしませんでしたが、加賀は積雪地帯に良くある路肩の広い道路と、交通量の少なさが自転車で走るには最高だと思われます。自動車の運転がぞんざいなのがアレですが・・・(歩道を横切るときに徐行しなかったり・・・)

というわけで4日までがんばって150km走行した効果を帳消しにするほど食っちゃ寝してしまいました。おまけに温泉で足を滑らせて右足首を負傷。関節運動には影響ないものの、打撲で内側踝が痛いです。

坂の上の雲ロケ地(三笠)訪問


ドラマ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。