So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

隣の職場のBlackAngel [自転車]

5月のある日、職場で「いい自転車乗ってますね」と、声を掛けられた。少し話をするとその人もロードバイクに乗っているのだけど、

「サドルが中々合うのがなくて、今ママチャリに付いているようなでっかいサドルに成ってるんですよ」

とのこと。

 サドルを巡る旅というのは自転車地獄の中でもサルガッソーにハマる確率の高い項目で、たしかに中々難しいとは思うのですが、確実な近道は走り込みとそれに伴う減量だと思います。
 
 そもそもなんでサドルが尻に食い込むのかといえば体重が重い上にサドルにベッタリ座り込んでしまっているからなので、常にペダルとハンドルに荷重を拡散出来るようになれば、ある程度フィットするサドルであれば許容出来るようになります。脚力は少々必要になりますが、結果的にお尻は快適な上に速く走れるようになりますから自転車乗りの目指す方向としては正しい。

 なんでこんなことを書いているかというと単純にその人が恰幅の良い体型であったからで、明らかに自転車乗りとしては体重が過剰。「痩せれば大体解決しますよ」と、頭の中では思ったものの、当たり障りなく答えて会話終了。ところが、その人が立ち去ったあと、横で会話を聞いていた人に言われました。

「重量オーバーだって言っちゃえばよかったんですヨ!」

癒し系アラフォー美人だと思っていたのにいきなりブラックですね。頭の中を読まれたかと思ってビックリしました。太った人が自転車乗りだったって事よりもビックリしましたわ〜。人は見かけによらぬものです。
 CIMG1733.jpg
私の今のところの終着点
「地獄」 
縁起でもない… 

春の幻 [自転車]

 
 3月下旬のある日、仕事帰りに自転車で歩道走行中の女子高生二人を車道側から追い越したら、
「あ!この人かっこいい!!」
という全く思いもかけない言葉をかけられた(多分生まれて初めて)

一応身長はシュレク兄弟と同じだし(但し体重が20kg程重い)冬用ジャージにレーシングタイツという出で立ちだったので体型も誤魔化せて、サマになっているように見えたのだろう。

それよりなにより、スポーツウェアというのは全体的な雰囲気が若く見られる効果がある。

かくなる上は次の行動はただ一つ

オッサンだとバレる前に逃げる。

何食わぬ顔でペダルに力を込めて引き離した。

乙女の夢を壊してはいけない。君が見た「若いロードバイク乗り」の中身はドロハン化クロスに乗ったアラフィフのおっさんだよ~
IMG_1406.jpg
件のドロハン化クロスバイク
ドロハン付けてるとロードもシクロもピストも
区別つかないってのが普通の人だと思います。 
 
以上、Facebookから引用しました。 

のんびりまったりシーズンイン [日記]

スッカリ季刊ブログに成ってしまいましたが、特に前口上なしに始めます。

世間的にはゴールデン・ウィーク最終日だった昨日、久しぶり(実に2年振り)に奥多摩湖にでも行こうと装備を整え、玄関からロードバイクを引っ張りだしたらあら不思議、スピード/ケイデンスセンサーが認識されない。ロードバイクに乗るのは5ヶ月ぶりだったりするので、放置している間に電池がなくなったのかなぁ(実はバイク自体も新しくなっちゃっていたりするのですよ)と、電池を変えたけどダメ。コレはセンサー自体が故障かな?と、何故か在庫のあるGARMINのセンサーを取り替えて見たけどコレも駄目。最終的には本体のファームウェアがver3.4(位だったはず)だったのを5.0(位のはず)にアップデートして再ペアリングしたら解決。時刻は既に15時過ぎで、これから奥多摩は行けないな。と、やる気を失ってバイクを下駄箱の上に戻してしまいました。電池とか新しいセンサーとか別に卸さなくても良かったのかな?勿体無い・・・

IMG_1428.jpg

という訳でクライミングバイクとして名高いTREK EmondaSLの峠デビューは見送り

納車半年ですが実はまだ70km位しか乗ってない

続きを読む


自転車はエコであってエコでない。 [自転車・機材]

3ヶ月ぶりの更新です。今更ながら明けましておめでとうございます。年末に少々腰を痛めましたが、今は復活して通勤サイクリストライフを楽しんでいます。

しかし、体が治ったら今度は自転車、というわけではないのでしょうが、リアの変速が不調になってしまいました。しかも一番金のかかるシフター(STIレバー)の不調です。自転車はエコロジーだけどエコノミーじゃないとはよく言われますが、もしかすると電車で通勤するのとあまり変わりないんじゃないかという位のお金が飛んで行く時があります。 

CIMG1763.jpg

この状態からリリースレバー(シフトアップ)を内側に押すと…

CIMG1762.jpg 

ブレーキレバーも一緒に内側に動くようになってしまいました。 

続きを読む


私的懐メロ [日記]

ちょっと調子が戻ったか?と思ったらまた仕事が忙しくなって更新が空きました。

サボっている間にも富士チャレンジに行って45kmだけ走って帰ってきたとか有りましたが、頭の中で文章は浮かぶものの、実際に書いて推敲する時間がなくホッタラケに成っています。

こういう時には好きな音楽でも聞くに限る。しかし、ブルックナーなんかはホントに時間に余裕が無いと聞けないほど長いので、おもいっきりライトに振って古いポップスでも。  

 
相曽晴日「水彩画」
中学生当時聴いていたラジオ番組で「舞」という曲のCMが盛んに流れていて、そちらを目当てに買ったベストアルバムに入っていた曲。 私の中では久保田早紀の「異邦人」と並んで昭和50年代のベスト
 
ちなみに「舞」はこちら 
この人は全体的に悲しい曲が多めです。「水彩画」は例外的に明るい歌ですが、歌詞はやはり悲しめ。 
 
 
もう一曲 
亜波根綾乃の「大きな風」
なんで売れなかったのか理解できない。
まあ、小室サウンド全盛の頃だからなぁ・・・ 

ロゴだけ最新 [自転車]

アサヒペンかなんかのスプレーで取り敢えず塗っておいたフレームですが、やはり黒一色は殺風景なので、ちょっと飾ってやることにしました。
TrekUAVmod1.jpg
 
と言ってもヤフオクでTREKのステッカーを買って
DSC_0234.jpg
 在るべき所に貼り付けただけ
IMG_1406.jpg

ロゴは元々付いていた1990年代後半のやつ

trek_t.png
 
にしようかと思ったのですが、新しい書体のステッカーの方が一枚のシートに一杯入っていてお得そうだったのでそっちにしてしまいました。
 
IMG_1408.jpg
ヘッドマークの大きい方をヘッドチューブに
 
IMG_1409.jpg
小さい方をシートステイに
 
コレでひとまずどこの馬の骨か判らない自転車からは脱却出来た筈。フロントフォークはどこかの馬の骨だけど。という訳でフォークには張りませんでした。
 
だがしかし、17−18年前の自転車に最新のロゴを貼ってあるほうがパチモノ臭いかも知れない。と、思わないでもない。
 
 

伊右衛門田 [自転車・機材]

先日改造したクロスバイクがTREKの物だったように、私の自転車趣味の中ではTREKはいつも特別な位置を占めています。今乗っているWilier Mortiroloも2007年当時にTREK5000を買おうかと思ったら在庫が無くて、代わりに手頃なものをということでInterMax QUATTROやKUOTA Kharmaと比較の末に購入に至ったものです。
5000_brightblue.jpg
TREK5000
今の派手なエアロデザインと比べると牧歌的にも思えるシンプルさですね。
 
 

続きを読む


ひっくり返す [自転車]

クロスバイクのハンドルをライザーバーからドロップバーに換装するにあたり、ハンドルまでの距離が遠すぎると支障があるだろうと短めのステムを買ってきて、これを上向きにつけたわけですが、今度はちょっと高すぎたのでひっくり返してみました。
TrekUAVmod1.jpg
結果、ステムの向きがトップチューブとほぼ平行になり、ハンドル落差も適切で、いい感じ。
 
が、しかし、レース用のロードバイクと同様のハンドル落差ってのは通勤&普段乗り用としてはどうなんだ?

真・通勤用クロスバイク場当たり改造編 [自転車]

このブログが始まって間もない頃「通勤用クロスバイク場当たり改造編」と称した記事をアップしたことがあるのですが、只の手入れで全然改造していなかったので「場当たりお手入れ編」と、改題したことがあります。その時俎上に挙がっていたのが下のバイク。
IMGP0591.jpg
TREK UAV
コレに初めて乗った時の感触は今思い出しても感動モノ
 
 18年も乗り続けているこのバイク、さすがに各部が傷み始めて、サスフォークは動かないし、BBは一回取り替えたけどまた不調だし、ホイールも3本目だけどリムのブレーキ面がそろそろやばいしと、どうにかしなければいけない所が多々出てきたので、もう5年以上前に考えたドロハン化計画を具体的に進めることにしました。
 
と、今日の出来事の様に書いていますが、着手したのはゴールデンウィーク期間中の事。そう、コレは苦節3ヶ月半の記録なのです。
 
 

続きを読む


理力とともにあらんことを [自転車]

予感はなんとなくしているんだけど、それを回避行動に結び付けられないというのはよくある様に思いますが、またやってしまいました。

と、言っても事故とかじゃなくてバイクトラブルの方。それも基本中の基本タイヤトラブルです。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。